英会話を学ぶ意味

女の子

早い段階で学ぶ意味

小学生で英語が必須科目になっています。昔はまずABCの書き方を習ってThis is〜という文章を覚えたものですが、はたしてその方法で英語を話せる人はいるでしょうか。答えはNoです。日本の学校ではなぜか受験対策のペーパーテストばかりで会話を重視してきませんでした。大人になってから困って英会話教室に通う人も沢山います。今は小学生だけではなく幼児までもが英会話を習う時代です。学校でも小学生から英会話に力を入れ出したようです。小学生の英会話教室ではフォニックスを習うところが少なくありません。初めて見る英語でも読めるようにする為です。他にはよく使う英単語や、挨拶、英語で歌を歌ったりゲームをします、慣れ親しむという点では小学校と同じですが、外国人講師のオールイングリッシュ授業や、日本人講師がついているもの、タブレットをつかったり工作や料理するもの様々な教え方があるので、子供に合わせた学び方を選ぶとよいでしょう。早期に英語を習うということに様々な意見がありますが、早く学ぶことでデメリットはないように思います。早くから学ぶとまず発音が綺麗になります。しゃべれることでその子の自信につながり、外国の人と会話ができれば、視野も広がり様々なことにチャレンジして沢山の事を経験できるようになるのではないでしょうか。学校の英語でも、最初はゲームや歌のようなもので慣れ親しみ、最終的には討論したり交渉が出来るようになることが目的に代わってきています。使える英語力が求められているのです。小学生から英語を学ぶ意味がわかったでしょうか、今や英語はコミュニケーション能力の一つになっているのです。